税理士変更なら佐野市の山口税理士事務所

若い税理士

栃木県対応の若くて頼れる税理士にお任せ下さい。

                                     お問い合わせフォーム

 のような不満、抱えていませんか?


  チェックボックス  今の税理士の料金が高い気がする
  チェックボックス  今の税理士と相性があまり良くない。
  チェックボックス  今の税理士が高齢でこの先が不安だ。
  チェックボックス  今の税理士は経営相談に全然乗ってくれない。

  チェックボックス  今の税理士が接待を求めてくる。
  チェックボックス  今の税理士のフットワークが色々と遅い。

            税務調査、確定申告でお悩みの方

そのお悩み、山口税理士事務所にお任せ下さい!
まずは一度、「無料相談」をお受けしてみませんか?
無料相談ダイヤル 0283-61-0023 までお電話下さい。



 の税理士事務所とここが違う!


  其の一、 何でも気軽に相談できる30代の若い税理士
  其の二、 経済的な負担にならないお安い料金(相場の7〜8割)!
  其の三、 お客様の「今すぐ」に対応する迅速なフォロー体制
  其の四、 
税金相談のみではない、売上直結の経営相談
  其の五、 当然ですが、接待不要(お気使いは要りません!)
          会計事務所職員

    対応地域は、佐野市栃木市宇都宮市小山市足利市鹿沼市
         開業5年で税理士変更実績なんと50件以上!
    栃木県で税理士変更をご検討中の方、是非、お気軽にご連絡下さい!

 ※ お客様の「お問い合わせ」につきましては、全て税理士が直接対応させて頂きます。
   なお、お電話での対応時間は
、平日9時から17時までとなっておりますので、ご了承下さい。



 口税理士事務所とは?



 山口税理士事務所は、平成23年に開業致しました栃木県佐野市の会計事務所です。
 開業依頼、現在
50件以上のお客様が、他の会計事務所より当事務所へ移られました。

 
なぜ、皆様、当事務所に変更されたのでしょうか?

 その理由を、簡単ではございますが、ご紹介させて頂きたいと思います。


税理士事務所の内観
<7名のスタッフ数でお客様をサポート>
税理士事務所の外観
<ゆっくりご相談できる事務所>

 税理士変更をご希望されるお客様で一番多いのは、料金の問題です。
 法人の税理士顧問料は、一般的に最低30,000円/月と言われています。
 こちらは、かつて税理士報酬の最低基準が3万円と法定されていたため、その名残として、現在も最低3万円とされている会計事務所が多いのです。
 しかし、実はこちらの法規定は平成14年に撤廃されていますので、必ずしもこちらの規定に従う理由は、最早ございません。
 当事務所は、お客様の状況に応じて、
法人13,000円/月の料金をご用意しております。
 経済的な負担にならない料金が当事務所へ変更される理由の一つです。

 次に税理士変更をご希望されるケースで多いのは、税理士との
相性の問題です。
 偉いと勘違いされているのか、横柄な態度の税理士も多数いらっしゃるようです。
 驚くべきことですが、中には接待を求める税理士もいるそうです。
 当事務所は、決してそのような態度は致しません。
 何でも気軽にご相談できる雰囲気が当事務所へ変更される理由の一つです。

 また、税理士が
老齢で、長く付き合えるか不安というケースも多いです。
 先代からの顧問税理士のため、年齢が60〜70代なんてことはよくございます。
 そのため、最新の税務に対応できなかったり、廃業される可能性も否定できません。

 当事務所は、税理士が30代前半、スタッフも20〜40代が多く、若い事務所です。
 長くお付き合いできる年齢も当事務所へ変更される理由の一つです。

 勿論、全てのお客様にとって、当事務所がベストであるとは申し上げません。
 「他」と比較することで、「今」を信頼できれば、それも十分意義がございます。
 税理士変更をご検討中でしたら、是非、お気軽に
無料相談なさって下さい。




 長紹介



 所長は現在、30代前半。平均年齢60歳の税理士業界では、稀な存在です。
 (おそらく)良い意味で「
税理士っぽくない」と皆様には仰って頂けます。

<所長略歴>
 昭和58年5月  栃木県足利市生まれ  
 平成11年3月  白鴎大付属足利中学校 卒業
 平成14年3月  栃木高等学校 卒業
 平成18年3月  早稲田大学 商学部 卒業
 平成20年12月  税理士試験 合格
 平成23年10月   税理士 登録
(登録番号 119710)
 山口税理士事務所 開業
 平成24年7月   行政書士 登録
(登録番号 12121583)
所長 山口 敦史
 山口行政書士事務所 開業 保有資格:税理士・行政書士・FP

 
佐野栃木宇都宮小山足利鹿沼市内のお客様、お気軽にご相談下さい。




 


 
 当事務所は、サービスに対して非常に
リーズナブルな料金かと思われます。
 「
できる限りお安い料金で、できる限り上質なサービス」が当事務所のモットーです。

法人毎月訪問プランの場合>
売上規模 顧問料(月額) 決算料(年額)
〜1000万円 17,000円 75,000円
1000万円〜3000万円 22,000円 100,000円
3000万円〜5000万円 27,000円 125,000円
5000万円〜1億円 32,000円 150,000円
1億円〜3億円 37,000円 175,000円
 3億円〜 応相談 
 記帳代行料(月額) 5,000円

法人年6回訪問プランの場合>
売上規模 顧問料(月額) 決算料(年額)
〜1000万円 15,000円 75,000円
1000万円〜3000万円 20,000円 100,000円
3000万円〜5000万円 25,000円 125,000円
5000万円〜1億円 30,000円 150,000円
1億円〜 応相談
記帳代行料(月額) 5,000円

法人年4回訪問プランの場合>
売上規模 顧問料(月額) 決算料(年額)
〜1000万円 13,000円 75,000円
1000万円〜3000万円 18,000円 100,000円
3000万円〜5000万円 22,000円 125,000円
5000万円〜  応相談
 記帳代行料(月額) 5,000円

個人事業主>
法人の顧問料・決算料に準じて応相談(年1回の確定申告のみも可能)

 なお、当事務所へ変更されたお客様で、年間40万円削減された実績がございます。
 もちろん、サービスの質は全く落としておりません。


顧問料削減の実績

 具体的な条件でのお見積りも
無料ですので、是非、料金をご比較下さい。




 理士変更までの流れとポイント



               

チェックボックス1. 今の税理士の顧問契約期間がいつまでかを契約書で確認する。 
いつ契約解除が可能かを確認しておきましょう。場合によっては、年単位で契約をしている可能性もございますし、中途解約による違約金が発生するケースもございます。まずは契約書をご確認頂き、無駄な違約金の発生しないタイミングで契約解除をされましょう。もし書面による契約書を取り交わしていない場合には、1ヶ月以上に前に告げれば、問題無いかと思われます。
                    ↓
チェックボックス2. 今の税理士に顧問契約解除を申し出る。
ハッキリと「○月まで」と期限を付して、契約解除を申し出ましょう。その際に、おそらく解除理由を聞かれると思われますが、正直な理由を申し上げても、嘘も方便で適当な理由を申し上げても、いずれにせよ契約解除しないように粘られます。ですので、税理士変更を一度決心されましたら、毅然とした態度と強い意志で接しましょう。なお、どこの税理士に変更するかということも尋ねられるかと思われますが、百害あって一利なしですので、申し上げる必要はございません。
                    ↓
チェックボックス3. 今の税理士から決算書総勘定元帳会計資料を貰う。
税理士の引き継ぎの際には、決算書総勘定元帳が必ず必要となります。契約解除後に貰い行くと、なんとなく気まずいですので、契約期間内にしっかりと貰っておきましょう。また、預けていた会計資料も預けていたままで忘れていたなんていうケースもございますので、気を付けましょう。なお、稀にイジワルで決算書も総勘定元帳も出してくれない税理士がいらっしゃるようです。これらの資料を、税理士に請求する権利は当然有していますので、堂々と請求致しましょう。
                    ↓
チェックボックス4. 今の税理士に対して料金の未払いが無いか確認する。
どんな理由で契約解約を申し出たとしても、契約期間中に発生した料金はしっかりお支払いし、トラブルにならないようにしましょう。税務署に申告内容をリ−クして調査に入るように煽る税理士がいないとも限りません。
                    ↓
チェックボックス5. 新しい税理士に資料を渡して引き継ぐ。
上記の決算書・総勘定元帳の他に、定款履歴事項全部証明書固定資産台帳各種届出もご提出頂けますと、非常にスムーズに引き継げます。




 くあるご質問(税理士の変更について)



 山口税理士事務所に対する「税理士変更」に関する、よくあるご質問です。
 
【問1】山口税理士から今(前)の税理士に、変更の旨を告げてもらえないですか?
【答】申し訳ございませんが、当事務所が変更する旨をその税理士に代わりに告げることはできません
可能な限りのお手伝いは致しますが、お客様の方で契約解除はしっかりお申し出頂きたいと思います。
 
【問2】山口税理士と今(前)の税理士と契約が重複する月は、顧問料がダブることになるのでしょうか?
【答】今(前)の税理士の顧問料が発生しなくなるまでは、当事務所はダブって請求致しません
7月に当事務所とご契約頂いた場合、7月分まで前の税理士の顧問料が発生すれば、8月分から請求致します。
 
【問3】税理士の変更は、どのタイミングがベストですか?
【答】急な変更よりも、区切りの良い時期が双方ともに宜しいかと思われます。
具体的には、現在の期の申告が終わり、
翌期から変更されるのがオススメです。
 
 その他、具体的なご質問がございましたら、いつでもご相談下さい。
 



 口税理士事務所とのご契約までの流れ



 【STEP1】お問い合わせ頂きます。
            電話によるお問い合わせ・お見積り
 お問い合わせフォーム又はお電話(0283-61-0023)でお問い合わせを頂きます。
 メールでのお問い合わせは、原則、
24時間以内にお返事致します。
                   ↓
 【STEP2】お会いする日程を決めます。
            東京、埼玉、栃木の対応地域内での調整
 メール又はお電話でのお見積りにご興味頂けましたら、直接お会いする日を決めます。
 佐野・栃木・宇都宮・足利・鹿沼のお客様でしたら、即日お会いすることも可能です。
                   ↓
 【STEP3】直接お会いして、詳しい状況をお伺いします。
            直接お会いしての税金の無料相談
 貴社又はお近くの喫茶店等で、お客様の経営状況やご相談の詳細をお伺い致します。
 この段階で料金が発生することは
絶対にありませんので、ご安心下さい。
                   ↓
 【STEP4】お見積りの詳細をご提示致します。
            税理士顧問契約の内容の確認
 
お客様の経営状況に応じて、料金や訪問回数の最適なプランをご提示致します。
 その場で決めて頂く必要はございませんので、じっくりお考え下さい。
                   ↓
 【STEP5】ご契約の成立です。
            税理士顧問契約の成立
 お客様よりご契約の意思を頂戴頂けましたら、ご契約の成立となります。
 後日、契約書をお持ち致します。




 木県で税理士変更をお考えならば、山口税理士事務所へ


税理士事務所(会計事務所)選びは、会社にとって非常に重要なことです。税理士は、経営者の最高のパートナーとして二人三脚で歩むべき存在です。二人三脚で真っ直ぐ歩むためには、お互いの気持ちが一つでなければなりません。ですので、もし、今の税理士事務所(会計事務所)に不満がある場合には、他の税理士事務所(会計事務所)をご検討頂くことは決して悪いことではございません。無理して足並みを揃えても、いつか転んでしまうかもしれません。もし、栃木県(佐野・栃木・宇都宮・小山・足利・鹿沼)で税理士の変更をお考えでしたら、是非、山口税理士事務所もご検討下さい。



 質問・無料相談・料金のお見積り


 メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願い致します(記載例)。
 お問い合わせ頂きましたら、原則、24時間以内にお返事致します。
 もし、返信が無い場合には、迷惑フォルダに振り分けられた可能性もございますので、ご確認下さい。


お電話でのお問い合わせ


トップ



所長の節税ブログ



山口税理士・行政書士事務所

〒327-0317
栃木県佐野市田沼町490番地10

TEL 0283-61-0023
FAX 0283-61-0032



所長 山口敦史
(税理士・行政書士・FP)

【主な対応地域】
佐野・栃木・宇都宮・小山・足利

お問い合わせフォーム